緑内障の人は飲めない胃薬

緑内障の人は飲めない胃薬

胃薬の中に含まれている成分で緑内障リスクが高まるものがあります。元々緑内障を発症している方は、市販の胃薬を買う際に注意しましょう。

 

・ 抗コリン作用のある胃薬に注意
・ 眼圧が高いといわれた人は成分に気をつけよう
・ 緑内障の方は常用は避けるべき

 

緑内障とは眼球内を満たしている房水の圧力が高まり、視神経が圧迫されて壊死する病気です。将来視野が狭くなったり、失明まで及ぶ危険性のある怖い眼の病気です。通常は加齢と共に発症すると考えられています。

 

実際に胃薬には緑内障の人は服用してはならないと記載されているものがあります。成分に眼圧を高めるものが入っているためです。ただし健常者の方が緑内障を引き起こすほどの成分が入っているわけではありませんし、緑内障の方でも眼圧がそれほど高くなれば注意する必要はないでしょう。

 

市販薬では様々なリスクを考慮し、少しでも危険性があるものは記載しなければならないのです。全ての緑内障の方が服用を注意しなければならないのではなく、眼圧が高く医師に市販の胃薬の服用を注意された方は避けるべきです。心配な方は眼科医に相談し、市販の胃薬を服用しても問題ないか聞いておきましょう。

 

また、薬の副作用は一時的なもののため、1回飲んだくらいで緑内障が酷くなるようなことは考えられません。長期服用の際には注意することをおすすめします。